ストリートプリント施工工程

線引き
線引き
アスファルトの上にメジャーやスコア、トランシット等を使用し線を引きます。
墨出し
墨出し
ペイントスプレー、9mmロープ、白墨等を使用してテンプレートの配置場所の墨出しを行います。
アスファルト加熱
アスファルト加熱
ストリートヒートで路面を140℃〜160℃まで加熱します。
型押し
型押し
適切な温度まで上昇した個所にテンプレートを配置し、プレートコンパクターでプリント作業を行います。
スチールテンプレート除去
スチールテンプレート除去
アスファルトにしっかりと型が押されたらテンプレートを取り外します。
コーティング材
コーティング材
A材(主材)・B材(硬化剤)・カラーラント(着色材)・水を1:1の割合で混合し、3分間かくはんします。
ストリートボンド着色(吹き付け)
ストリートボンド着色(吹き付け)
施工面積が大きい場合等は、ホッパーで吹付けします。
ストリートボンド着色(ローラー塗り付け)
ストリートボンド着色
(ローラー塗り付け)
目地との色分けの時や、細部の着色は、ローラーや刷毛で塗り付けします。
施工完了
施工完了
ストリートボンド塗り付け2回〜3回で仕上がります。
軽歩行なら短時間で交通解放が可能です。